2019.6.7

治験のボランティア:チケボラ キャンペーン②

こんにちは!

チケボラキャンペーン第2弾です!

 

そもそも治験って何?

厚生労働省のHPを見てみましょう!


化学合成や、植物、土壌中の菌、海洋生物などから発見された物質の中から、

試験管の中での実験や動物実験により、病気に 効果があり、人に使用しても

安全と予測されるものが「くすりの候補」として選ばれます。

この「くすりの候補」の開発の最終段階では、健康な人や患者さんの協力によって、

人での効果と安全性を調べることが必要です。

こうして得られた成績を国が審査して、病気の治療に必要で、かつ安全に使っていける

と承認されたものが「くすり」となります。 

人における試験を一般に「臨床試験」といいますが、「くすりの候補」を用いて

国の承認を得るための成績を集める臨床試験は、特に「治験」と呼ばれています。

 

[厚生労働省「1.「治験」とは」参照]

URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/fukyu1.html


治験はくすりを創る為に必要な、「くすりの候補」の確認を指します。

 

世界中の製薬メーカーは日夜くすりをつくっていますが、

日本国内で販売するために行われいるのが治験です。

 

例え国内の製薬メーカーであっても、国外であったとしても、

日本で使えるようにするためには必ず治験が必要です。

 

くすりの開発・販売には10〜20年かかる!

くすりの開発にはかなり長い期間を要します。

その開発費用は200億円以上となるものも!

基礎研究に始まり、非臨床試験、臨床試験(治験)を経て、

国の承認を得て販売となりますが、市販後調査も行われ、

くすりはより安全に、安心して使うことができるよう管理されています。

 

臨床試験の早期終了を!

現在開発が進み、行われている臨床試験も、実際に薬ができるまでは

数年間はかかると言われています。

 

しかし、新しい薬や治療法を求め、病気に苦しむ患者さんは今すぐにでも

欲しいと考えています。

 

治験はすぐにはくすりを創ることができません。

 

臨床試験期間中に、さまざまな理由で開発が中止になることも多いです。

 

遠い未来のため、治験に対して正しいご理解と、

将来あなたが使うかもしれないお薬の開発のために、

まずは病気にならないよう体づくりを行うこと、

周りの人の健康にも気遣うこと、と

できることからはじめましょう!