2019.6.13

治験のボランティア:チケボラ キャンペーン③

おはようございます!

チケボラキャンペーン第3弾!

今日のテーマは

「ジェネリック医薬品」PART 1

です!

 

ジェネリック:generic

【意味】一般的な

 

新規医薬品(先発医薬品)に対して、「後発医薬品」とも呼ばれるジェネリック医薬品は、

「新薬(先発医薬品)」の特許が切れたあとに販売される、

新薬と同じ有効成分、同じ効き目の価格の安いお薬です。

・同じ効き目

・同じ有効成分

・なのに安い

これが可能な理由として

開発費用が大きくかからない

という理由があります。


【新薬の開発】

・開発にかかる期間:10~20年

・開発にかかる費用:数百億円以上

【ジェネリック医薬品の開発】

・開発にかかる期間:3~5年

・開発にかかる費用:数千万円〜とも


自社で出していたAという新薬の販売特許期間を終えた際に、

A’というジェネリック医薬品としてこれまでのノウハウを活かし、

「水なしで飲める」や「1日1回で効く」など改良を加えて開発が行われたり、

副作用をより小さくする為に、別の成分を合わせて配合錠にしたりと、

安いだけでなく、使う人のメリットも多くあります。

 

また、新薬は開発・販売と同時に、病院や薬局といった医療関係者に

そのお薬の使用方法や安全性に関わる情報を正しく伝え、

その後も細かに情報収拾を行うなど、多くの費用を必要としますが、

ジェネリック医薬品ではそうした情報提供費用も

最小限にできるため、価格を抑えることができます。

 

ジェネリック医薬品を選ぼう!

確かに同じもので安く使い勝手のいいものも多くありますが、

きちんと薬局で相談しましょう。

 

次回はもっと掘り下げて見たいと思います。